続・幼児教育教室の移転工事

前回 の続きです。

幼児教室ということで、子供用トイレ、洗面スペースが必要。
でもこの部屋には排水する場所がない。

給水は部屋の外にある通常のトイレのコンクリートの壁に
コア抜きで穴を開けて確保できました。
今回取り入れたポンプはSFAのサニアクセス3です。
トイレからの汚水に含まれる排泄物と
トイレットペーパーを細かく粉砕して排水主管まで
圧送する商品。どこにでもトイレを設置することができます。

今回はトイレ設置場所の上部に
上階の排水管があったのでそちらに繋げます。

木枠で壁を作っていきます。

コチラ完成です

幼児用の便座も取付けました。
そして、ポンプは便器の裏にあります。

壁排水便器専用です。
介護用に寝室の押入れなどにも
トイレを設置できるコンパクトな商品です。

トイレの隣には洗面スペースも設置。

コチラ2カ所にしました。

高さは幼児に合わせて50㎝です。
水はね対策もしっかりと。

あと教室が2階にあるので
階段にも転落防止のネットを設置しました。

これで安心。

こちらを引き渡してから以前の教室もすべて解体して
戻すものも設置して原状回復工事も無事終了したのが30日。
無事引き渡しができて何よりです。

早い子だと1歳4ヶ月からもう教育が始まるとか。
私が見たのは2歳前後の子達でしたが
お昼にお弁当の歌を歌っていてほんわかしました。

新店舗・旧店舗現状回復含めて丸々20日間の工事でした。